まぶたの病気

涙道の病気
目の病気
病気・症状 Navi Home > 目の病気

 まぶたの病気
  眼瞼下垂・ただれ目 さかさまつ毛・赤目 
   ものもらい・霰粒腫

 涙道の病気
  涙目・涙嚢炎 結膜炎 はやり目・トラコーマ 
   膿漏眼(風目)・結膜濾胞症
   結膜結石・結膜下出血・眼裂斑・翼状片

 角膜、強膜の病気
  角膜炎 突き目(ふく行性角膜潰瘍)
   フリクテン性角膜炎・雪眼と電気性眼炎・角膜乾燥(軟化)症
   角膜変性・円錐角膜

 ぶどう膜の病気
  虹彩毛様体炎・ぶどう膜炎

 水晶体、硝子体の病気
  白内障(白そこひ) 硝子体混濁(飛蚊症)

 網膜の病気
  中心性網膜炎 網膜はく離 夜盲症(とり目) 
  網膜硝子体出血(眼底出血)・網膜色素変性症

 緑内障、視神経の病気
  緑内障(青そこひ) 半盲・視神経炎・視神経萎縮

 視力異常、色覚異常
  近視 遠視 乱視 老視(老眼)


 ★ 目の構造と働き

 構造
 目は眼球と、それを動かす眼筋、保護する眼瞼、まつ毛、眼瞼泉、結膜、涙腺、鼻涙腺などの付属器官からできています。目の構造をカメラにたとえれば、シャッターは眼瞼、レンズは水晶体、暗箱は眼球壁、フィルムが網膜にあたり、現像場所は脳です。

 働き
 目の働きでもっとも大切なものは物の存在や形を見分けること(視力)です。そのために目は、遠近の調整、感光、色の識別、遠近感や立体感など視覚器としていろいろな働きをいとなんでいます。

 ★ おもな目の異常

 目の機能は物の形を見分ける、色を見分ける、奥ゆきを見分けるなどいろいろの機能に分けて考えることができます。
 
 視力の異常
 このうち実生活にもっとも重要なものは、物の形を見分ける視力であり、さらに遠くのものを見分ける、あるいは近くのものを見分ける、明るいところだけでなく、暗いところでも物の形が分かるなどいろいろな場合が考えられ、それぞれについて異常を起こす疾患があります。

 視野の異常
 物の見える範囲、いわゆる視野の広さに異常を起こす疾患もあります。

 ★ 病気の発見

 目は身体の五感のうちでもっとも鋭敏な感覚であるので、異常の多くはただちに本人に気づかれ、したがって早期の発見されやすい。しかし、逆に目が二つあるため、片方に異常があっても他方が正常なような場合には、しばしば本人に気づかれないまま経過し、しばらくして偶然片目をつぶってみたら他方の目が悪いことに気づくこともないわけではありません。

 視機能に影響を与えるような病気でも、人により異常の程度によっては気づかれない場合もあります。とくに疾病が生まれつきであるとか、徐々に進行した場合にはかなり重くなるまで本人が気づかないことも起こりうるわけです。

 斜視のようにこれが立体感覚の欠失をともない、明らかに病気であるにもかかわらず、両眼の視力が正常であるために病気とはみなされない場合も多いようです。

 これと同様のことは、軽度の屈折異常についても、色覚異常、眼底の小出血などについてもいえることです。

 乳幼児については、とくに母親なり、一緒に生活している成人が、その子の目の異常に気づかないかぎり、本人が異常に気づいて訴えることはありません。

 ★ 目の病気にかかったら

 ● 受診の心得

 医師の診察を受ける際には、自分の来院の目的を明確に把握して、来院されることが大切です。不明確な目的で来院されることは、医師及び患者双方にとって時間の損失であるばかりでなく、ほかの患者の迷惑になり、さらには患者自身にとっても不満足な治療しか得られない結果になります。

 自分の来院の目的(検眼、特定症状の治療、定期検診など)が決定したならば、現病歴、既往歴、家族歴などについて、自信の記憶を整理してみてください。そのさい不明確な点があれば、両親や親戚の人たちに聞いておくことも必要です。

 つぎに現病歴、既往歴、家族歴について、どんな点に注意して整理すればよいかを述べてみましょう。
 
 現病歴
 受診の目的になっている症状がいつ始まり、随伴している症状がなんであるか、それらの症状がしだいに軽快しているのか、また悪化しているのか、あるいは、見える状態はしだいに悪くなっているのか、良くなっているのかなどの点について、整理してみてください。

 既往歴
 自分が生まれてから現在までにかかった病気を年代順に整理してみてください。また現在の症状と同じ症状を過去にも何回か経験している場合には、現在までに何回ぐらい経験し、どこの医院(病院)で治療を受け、どれくらいの時間通院、または入院したか、できればどんな薬を用いたか、どんな手術を受けたかなどについて整理してみてください。

 家族歴
 まず自分の家族内の血縁者の疾病歴、両親の血縁関係の有無、あればその正確な関係、および死亡原因などについて整理してみます。次に血縁者内に、同じ症状を持った人がいれば、ある程度遺伝性の疾患ということも考えられますので、家系図を作ってみて、血縁関係について整理してみてください。

 同じ症状でなくても、血縁者に極端に視力の悪い人とか、盲学校に通学している人、あるいは、身体障害者(視覚障害によるもの)がいるときには、これらについても受診の際に知らせて頂ければ、診断の場合にたいへん参考になることがあります。また、両親に血縁関係があれば参考になることがあります。

 ● 病気の発見と定期検査

 すべての病気は、かならず自覚症状とともに始まるとは限りません。病気のうちのあるものは、自覚症状なしに病気が進行し、自覚症状が出たときには、すでに回復の見込みがない状態になっていることがあります。

 眼科領域でこのような発病のしかたをする代表的な病気に、緑内障と糖尿病性網膜炎の二つをあげることができます。緑内障は中年以降に発病することが多く、その他炎に40歳以上の人の場合は、最低1年に1回の眼圧測定を受けるのが望ましいと思われます。この程度の比較的簡単な検査で、緑内障による失明が相当数救われるのではないかと見られます。

 また、糖尿病は遺伝性の疾患で、若年者でも網膜症を起こして失明することがありますので、血縁者に糖尿病患者がいるときには、特に眼底の検査を受ける必要があります。
 



読書もスラスラばっちり
アサイベリー8倍濃縮サプリ


ぼやけてしまう人はコレ!


◆よくある体験者の声◆

1位
見え方がくっきりになった
白内障・緑内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性・飛蚊症・老眼・視力検査・眼精疲労の改善、維持

2位
上記のおかげで生活が楽、
趣味楽しめる

 車の運転(免許の更新)、読書、活動的に、不安がない…などQOLの向上

3位
その他、お肌の調子、口内炎、
肩こり、貧血、体調良好


眼病では白内障は80代になると、
軽度のも含めると
ほぼ100%の方がなる
といわれるほど多い。

見え方に不調がある方が、
改善・維持するため、
また将来の見え方に不安がある人の、
予防のための商品です


 

アントシアニンがブルーベリーの
約4.6倍、抗酸化力が
ブルーベリーの約11倍もある、
アサイベリーをさらに8倍に濃縮して
1日あたり240mgも配合。

ブラジル農務省が規格化している最高品質のグロッソアサイベリーを使用。

鮮度管理が難しく、
果実として日本では購入できない。
発売以来累計120万パック突破。
(2019年2月現在)



Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved