心臓の病気

心臓のしくみ

Home > 心臓の病気―心臓のしくみ

  心臓弁膜症 心膜炎(心嚢炎) 心内膜炎
  肺性心(肺性心疾患) 心筋炎 心臓神経症
  心不全 不整脈 狭心症 心筋梗塞


 からだじゅうの組織や細胞が活動し、生き続けるためには酸素と栄養が必要です。と同時に、活動の末、生じた炭酸ガスや老廃物が、どんどん体外へ排出されなければなりません。
 
 人間は、この酸素を肺から、栄養素を消化管から、それぞれ取り入れ、血液にのせて、からだじゅうの各器官、組織、細胞へ送っています。そして、炭酸ガスや老廃物は血液によって運びだされ、一定の経路で体外へ排出されます。心臓は、この血液をからだじゅうに送るポンプの働きをし、血管は血液を送るパイプの働きをします。

  左心と右心

 心臓の働きは、左右二つのポンプの働きに分けられます。左側のポンプ(左心系)は、肺から酸素をじゅうぶんに含んだ赤い血液(動脈血)をからだのすみずみまで送り出します。

 右側のポンプ(右心系)は、からだじゅうから戻ってきた炭酸ガスを含んだ、黒ずんだ血液(静脈血)を肺に送り出して、新鮮な動脈血に再生されるようにします。これら二つのポンプ、左心系と右心系は、隔壁で分けられています。

  心室と心房

 左右のポンプには、それぞれ心室と心房があり、心室と心房の間は弁で区切られています。心室は、強い力で血液を押し出す部分で、厚い心筋の壁でつくられています。心房は心臓にもどってきた血液を一時ためておくところで、心室が一つの収縮を終えて弛緩しているときに、ためていた血液を心室へ送り込み、心室の次の収縮に備えます。

  四つの弁
 
 血液を一定の方向へ流すために、心臓には手押しポンプと同じように、各部分に弁があります。左心室の入り口(左心房と左心室の間)にあるのが憎帽弁、左心室の出口(左心室と大動脈の間)にあるのが大動脈弁です。また、右心室の入り口(右心房と右心室の間)には三尖弁が、右心室から肺動脈への出口には肺動脈弁があります。

  弁の働き

 憎帽弁と三尖弁は、心室の収縮期には閉じて、心室から心房への血液が逆流するのを防ぎ、心室の弛緩期(拡張期)には開いて、心房の血液を心室へ送り込みます。

 大動脈弁と肺動脈弁とは、心室の拡張期には閉じて、いったん送り出された血液が心室へ逆流するのを防ぎ、心室の収縮期には開いて心室内の血液を、大動脈、肺動脈それぞれの血管へ導きます。

  心臓のリズム

 心臓は人間の意志とは関係なく、毎分60〜90回のリズミカルな拍動を繰り返しています。このリズムを決めるのは、上大動脈と右心房の境にある思洞結節という特殊な心筋組織で、これが一定の間隔で電気的に興奮します。

 この興奮は、まず心房を刺激して左右の心房を収縮させ、次に心房と心室の間にある房室結節に伝わります。興奮は、ここから左右の心室を隔てる心室中隔に伝わり、さらに左右の心室へ広がって心室を刺激し、収縮を起こします。

  心臓の働きの調節

 静かにしているとき、心臓が毎分送り出す血液の量は約5リットルです。心臓の拍動数は毎分60〜90ですから、1回の拍動では70〜90ミリリットルの血液が流れ出ることになります。ところで、からだの組織は肉体的、精神的な活動につれて、酸素を余分に要求します。
 
 つまり酸素をより多く運ぶために、より多い血液を要求しますが、健康で正常な心臓はそれに応じて拍動の回数を増やし、また、1回に送り出す量を増やして安静時の4〜5倍にのぼる血液を送り出します。このような調節は意志とは関係なく、自律神経の働きで無意識のうちに行われています。
 



98%の方が満足した
サプリメント
「恵葉プレミアム」

生活習慣が気になる方に
人気のアンセリン高配合


生活習慣が気になる方に
【恵葉プレミアム】



医療従事者が推奨する
プリン体対策サプリ
第1位

発売以来たくさんのご家庭にお届けしてきました「恵葉プレミアム」が、国内最大手のリサーチ会社:楽天リサーチ様の調査にてプリン体対策サプリメントとして、第1位に選ばれています。


生活習慣が気になる世代が
健康維持に飲みたいサプリ
第1位

テレビ番組や大手メディアのリサーチでも有名な国内最大手リサーチ会社、ゼネラルリサーチ様が行った生活習慣が気になる世代(1563名)に向けた調査により、恵葉プレミアムが「生活習慣が気になる世代が健康維持に飲みたいサプリ第1位」に選ばれました!

◆このような方にお勧め◆
突然くる激痛が不安な方
生活習慣でお悩みの方
酸性が気になる方
尿の値が気になる方
プリン体が気になる方
食事制限で悩んでいる方
運動不足で悩んでいる方
健康診断が不安な方

医者に褒められた!

何十年の悩みがウソみたいに!

などなど、喜びや感謝のお言葉を
沢山頂いております。


安心安全をお届けします。


 

 
Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved