胃拡張とは,胃拡張の症状

胃拡張 原因,胃拡張 食べ過ぎ

胃拡張
病気・症状 Navi Home > 胃の病気 > 胃拡張


 ぞくにいう胃拡張は、胃が大きく広がっているためにいつもたくさん食べたがる人のことをいうようですが、そのためになんら障害のないものは、病気ではなく、むしろ健康的で、胃の働きも活発な証拠です。

 しかし、医学的に胃拡張という場合には、これとは全く違った、もっと重症な病気や病的状態を指しています。そしてこれには急性胃拡張と慢性胃拡張とがあります。
 
 ★ 急性胃拡張

 急激に胃の緊張や運動が消失して胃の排出力がなくなるとともに、胃液の分泌が異状に高まり、大量の液体が胃の中にたまって、胃が極限まで拡張した状態をいいます。多くは開腹手術後、時に急性伝染病のの経過中に起こることがあります。

 原因としては、手術後にあおむけの体位を長く取ること、腸間膜(腹膜の一部)の血管で十二指腸が圧迫されること、胃壁の神経や筋肉の変化、血液の循環障害などによって起こると考えられます。

 ● 症状

 胃が急激にしかも極度に拡張するために、腹部が膨隆し、軽い痛みを感ずるとともに、大量の嘔吐を繰り返します。時にはその量は10リットルにもなることがあり、吐物の色は黄緑色からかっ色になります。

 そのうち意識はもうろうとなり、呼吸は浅く、脈拍は速く小さくなり、ショック状態におちいって、衰弱も加わり死亡することもあります。

 ★ 慢性胃拡張

 幽門近くにできた胃潰瘍や十二指腸潰瘍の傷あとによるひきつれや、胃がんなどのために、胃の出口が狭くなって、胃が二次的に徐々に拡張した状態をいいます。

 狭窄の程度、期間によっても違いますが、食後の胃部膨満感や胸焼け、ゲップがあり、狭窄の強い場合には、吐き気や嘔吐が繰り返し起こり、食欲は減退します。

 こういう状態が続きますと、脱水状態を起こして栄養が低下し、皮膚はカサカサになり衰弱してきます。
 
 治療は手術で狭くなったところを切除する以外にありません。がんによるものでは経過はよくありません





4種類の生菌で
腸内バランスを整える医薬品
【ファスコン整腸錠プラス】

 今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>


ファスコン整腸錠プラスは、
腸内で働く4種の生菌で
お腹の調子を整える第3類医薬品です。

高タンパク質・高脂肪
低食物繊維中心の食生活や
不規則な生活習慣、
ストレスなどで
腸内細菌のバランスが崩れ、
腸のはたらきが弱くなり、
お腹のはり、ゴロゴロ、
下痢や便秘といった
不快症状があらわれます。

ファスコン整腸錠プラスには、
有益な腸内細菌である
乳酸菌(フェカリス菌)
(アシドフィルス菌)(ビフィズス菌)と、
有益な腸内細菌の増殖を促す
(納豆菌)の4種に加え、
消化酵素(ビオヂアスターゼ2000)を
配合し、お腹の調子を整え
日頃乱れがちな便通を改善します。

4種類の生菌が
腸全体をカバーするため
多くの方が実感されます。

 ヨーグルト風味
小粒の錠剤で、5歳からお年寄りまで
家族みんなのおなかの
健康に役立つ整腸薬です。


健康は腸内環境から!

最近では、
花粉症やインフルエンザ
などにも
乳酸菌などを含めた
おなかの環境が深く関わっていると
知れ渡ってきました。

下痢や便秘を繰り返すおなかに、
いつも薬で対処していると
人間が本来持つ治癒力や
回復力などが発揮できません。

腸内の細菌は、
ひとりひとり違うといわれています。
その人に合う菌を摂り込まないと
効果は期待できません。

だからこそ幅広く対処できる
4種の生菌が入った
医薬品がおすすめできる理由です。

家族みんなで「腸内快調」


 今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>



Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved