胃けいれん,胃痙攣

胃捻転症,胃捻転 原因

胃けいれん・胃捻転症
病気・症状 Navi Home > 胃の病気 > 胃けいれん・胃捻転症


 ★ 胃けいれん

 古くから胃けいれんという病名がしばしば用いられていますが、これは俗語で、本当の意味の病名ではありません。

 胃けいれんといわれるものは、胃のあたり、すなわちみぞおちの部分がはげしく痛みます。この痛みは持続性ではなく、波の押し寄せるように変動するものです。したがって、胃けいれんというのは、いろいろな病気で起こる一つの症状と考えてよいのです。

 いわゆる胃けいれんを起こす病気のうち、最も多いのは、胆石症です。昔から「しゃくもち」といわれるのは、このことだと思われます。

 回虫が腸から胃の中に上がってきても、やはりはげしい痛みを起こしますが、これは現在ではまれなことです。

 そのほか虫垂炎の初期とか、急性膵臓炎、右側の腎臓結石などでも似た症状を起こすことがあります。

 胃けいれんという症状には、吐きけ、嘔吐を合併することが少なくありません。はげしい痛みのために、転げまわることもあります。
 
 このような症状が起きたときには、直ちに医師の診断を受けて、正しい診断のもとに、適切な治療を行うことが大切です。簡単に、胃けいれんということで安心して、放置しておいてはいけません。

 ★ 胃捻転症
 
 胃捻転症は、その名が示すように、胃がねじれるために起こる病気です。胃の短径を軸とする捻転と、長径を軸とする捻転とがあり、前者の方が多くみられます。

 原因として、胃が先天的によく動く状態や、隣の気管、たとえば腸内のガスによる圧迫、癒着などが上げられます。また捻転にまでいたらない状態の場合を瀑状胃と呼んでいます。

 ● 症状と経過

 胃捻転には急性と慢性とがあり、それぞれ症状も違っています。
 急性では、急に上腹部がはげしく痛み、吐きけ、嘔吐、しゃっくりなどが起こり、時には吐血が見られます。また、上腹部がはってきます。

 慢性では、上腹部の鈍痛、食欲不振、ゲップ、胸焼けなどが繰り返し起こり、食後には上腹部がはります。
 
 急性、慢性とも食後に動悸が起こり、心臓の病気と間違うことがあります。これは横隔膜が押し上げられて心臓を圧迫するためです。
 




4種類の生菌で
腸内バランスを整える医薬品
【ファスコン整腸錠プラス】

 今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>


ファスコン整腸錠プラスは、
腸内で働く4種の生菌で
お腹の調子を整える第3類医薬品です。

高タンパク質・高脂肪
低食物繊維中心の食生活や
不規則な生活習慣、
ストレスなどで
腸内細菌のバランスが崩れ、
腸のはたらきが弱くなり、
お腹のはり、ゴロゴロ、
下痢や便秘といった
不快症状があらわれます。

ファスコン整腸錠プラスには、
有益な腸内細菌である
乳酸菌(フェカリス菌)
(アシドフィルス菌)(ビフィズス菌)と、
有益な腸内細菌の増殖を促す
(納豆菌)の4種に加え、
消化酵素(ビオヂアスターゼ2000)を
配合し、お腹の調子を整え
日頃乱れがちな便通を改善します。

4種類の生菌が
腸全体をカバーするため
多くの方が実感されます。

 ヨーグルト風味
小粒の錠剤で、5歳からお年寄りまで
家族みんなのおなかの
健康に役立つ整腸薬です。


健康は腸内環境から!

最近では、
花粉症やインフルエンザ
などにも
乳酸菌などを含めた
おなかの環境が深く関わっていると
知れ渡ってきました。

下痢や便秘を繰り返すおなかに、
いつも薬で対処していると
人間が本来持つ治癒力や
回復力などが発揮できません。

腸内の細菌は、
ひとりひとり違うといわれています。
その人に合う菌を摂り込まないと
効果は期待できません。

だからこそ幅広く対処できる
4種の生菌が入った
医薬品がおすすめできる理由です。

家族みんなで「腸内快調」


 今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>



Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved