胃潰瘍とは,胃潰瘍 原因

十二指腸潰瘍とは,十二指腸潰瘍 原因

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の合併症とその症状
病気・症状 Navi Home > 胃の病気 > 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の合併症とその症状



 生命に危険が及ぶのは、次のような合併症が起きたときです。この場合は特に、素人治療は禁物ですから、絶対安静にして医師の往診を頼むなり、即時入院が必要です。

● 大出血

 潰瘍面から少量の出血を見ることはよくあり、便の検査によってそれが証明されると(潜出血反応)診断の裏付けとなります。
 

 大量の出血(大出血)には、口からコーヒーの残りかすに似た血をはく吐血と、肛門からコールタールのような便を出す下血とがあります。胃潰瘍では吐血、下血ともに見られ、十二指腸潰瘍では下血が多く見られます。

 大量の出血があると、急性・慢性の貧血のため顔面蒼白、冷や汗、めまいがみられ、脈が速くなり、口の渇きや、頭痛、呼吸困難、血圧降下、ショック状態があらわれます。

● 胃穿孔

 潰瘍が深く進行すると、胃癖が破れて穴があくことがあります。これは胃穿孔と呼ばれます。

 破れ目から胃の内容物が腹腔の中に出て、急性化膿性腹膜炎を引き起こすと、突然激痛が起こり、同時に虚脱状態におちいって、顔面蒼白。冷や汗、嘔吐、しゃっくり、鼓腸(腹が張る)、発熱などの症状を伴います。

 穿孔しても腹腔内に破れず、胃、十二指腸のまわりの、たとえば肝臓や膵臓側に破れることがあります。これは穿通性潰瘍と呼ばれ、痛みが長く続き、なおりにくいものです。

● 幽門狭窄

 潰瘍が瘢痕(治ったあと)を残して治癒するときに、その部分がしこりとなって、胃の出口(幽門)が狭くなることがあります。このため、胃の内容物が腸へ進むのが妨げられ、嘔吐を繰り返したり、食事をとることができなくなるなど、いろいろな障害が生じます。

● がん性変化

 潰瘍が、一部がんに変化することです。このようなことは実際にはたいへんまれですが、慢性の潰瘍や、再発、再燃を繰り返す潰瘍では、精密検査を受けて、がん性の潰瘍でないかどうかを知る必要があります。
 

 ★ 潰瘍と間違えやすい病気

 胃・十二指腸潰瘍とそっくりの症状をあらわす病気はたくさんありますので、その区別には慎重でなければなりません。

● 痛む場所が同じ病気

 胃潰瘍の上腹部痛に似た症状を示す病気に、胃炎(急性・慢性)、膵臓炎(急性・慢性)、大腸の病気など腹部の病気があります。また、肺炎、食道炎、心臓病などの胸部の病気でも同様の痛みを感ずることがあり、特に心筋梗塞、狭心症は、胃潰瘍と間違えやすいものです。さらに、虫垂炎の初期にも上腹部痛を起こすことがしばしばあります。

 十二指腸潰瘍の右上腹部、右肩痛と同じような痛みを起こす病気には、十二指腸憩室炎、肝臓病、胆石症、胆嚢炎、胆道ジスキネジー、腎結石、輸尿管結石などがあります。

● 吐血や下血を起こす病気

 急に吐血や下血を生じて貧血をきたす病気も胃・十二指腸潰瘍にかぎりません。食道炎、食道潰瘍、食道がん、食道静脈瘤などの食道疾患、急性・慢性胃炎、胃がんでも吐血、下血は見られます。また、おもに下血だけを起こす病気としては、小腸、大腸、直腸、肛門の病気があります。

● 穿孔を起こす病気

 穿孔によって急性腹膜炎を引き起こす病気には、胃・十二指腸潰瘍のほかにも、胃がん、虫垂炎、卵管炎、胆嚢炎、膵臓炎、腸結核などがありますので、どのような病気によるどの部分からの穿孔であるかをよく見きわめることが大切になります。
 




4種類の生菌で
腸内バランスを整える医薬品
【ファスコン整腸錠プラス】

 今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>


ファスコン整腸錠プラスは、
腸内で働く4種の生菌で
お腹の調子を整える第3類医薬品です。

高タンパク質・高脂肪
低食物繊維中心の食生活や
不規則な生活習慣、
ストレスなどで
腸内細菌のバランスが崩れ、
腸のはたらきが弱くなり、
お腹のはり、ゴロゴロ、
下痢や便秘といった
不快症状があらわれます。

ファスコン整腸錠プラスには、
有益な腸内細菌である
乳酸菌(フェカリス菌)
(アシドフィルス菌)(ビフィズス菌)と、
有益な腸内細菌の増殖を促す
(納豆菌)の4種に加え、
消化酵素(ビオヂアスターゼ2000)を
配合し、お腹の調子を整え
日頃乱れがちな便通を改善します。

4種類の生菌が
腸全体をカバーするため
多くの方が実感されます。

 ヨーグルト風味
小粒の錠剤で、5歳からお年寄りまで
家族みんなのおなかの
健康に役立つ整腸薬です。


健康は腸内環境から!

最近では、
花粉症やインフルエンザ
などにも
乳酸菌などを含めた
おなかの環境が深く関わっていると
知れ渡ってきました。

下痢や便秘を繰り返すおなかに、
いつも薬で対処していると
人間が本来持つ治癒力や
回復力などが発揮できません。

腸内の細菌は、
ひとりひとり違うといわれています。
その人に合う菌を摂り込まないと
効果は期待できません。

だからこそ幅広く対処できる
4種の生菌が入った
医薬品がおすすめできる理由です。

家族みんなで「腸内快調」


 今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>


 
Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved