急性胃炎 症状,急性胃炎 原因

急性胃炎 種類,急性胃炎 ストレス

急性胃炎
病気・症状 Navi Home > 胃の病気 > 急性胃炎


 胃の内面をおおっている粘膜に急性の炎症が起こる状態を急性胃炎といいます。この病気は非常に多いもので、急性に経過して、数日でなおるのが普通です。しかし、何回も反復すると慢性に移行することもあります。

 ★ 種類

 急性胃炎は急性外因性胃炎と急性内因性胃炎に分けられます。

 急性外因性胃炎
 からだの外部からの原因、すなわち飲食物、アルコール飲料、タバコ、細菌、薬物、機械的刺激、温熱的刺激などで起こる急性単純性胃炎が代表的なものですが、胃の粘膜を腐食するような化学物質(酸とかアルカリ)を飲んで起こる重症な腐食性胃炎もあります。

 急性内因性胃炎
 からだの内部に存在する病変が原因となる胃炎です。全身性の感染症で、病原体やその毒素が胃に達して、粘膜をおかすと急性感染性胃炎を起こします。また胃の周囲の化膿が、胃へ波及すると急性蜂窩織炎性胃炎になり、重い症状をあらわすことがあります。

 ★ 原因

 急性単純性胃炎
 原因そのものは暴飲暴食です。酒の飲みすぎ、特にアルコール濃度の高い酒ほど、原因になりやすいものです。また過度の喫煙も、ニコチンが唾液に溶けて胃 を刺激して、この病気を引き起こします。このほかコーヒーやお茶の飲みすぎ、あるいは香辛料のとりすぎも原因になります。

 細菌によるものは、食中毒に見られるもので、この場合は、急性腸炎を合併するため、急性胃腸炎の症状をあらわします。

 薬物でよく起こるもので、アスピリンをはじめとして、いろいろな種類の解熱鎮痛剤が原因となりやすく、歯が痛いためによくかめないとか、急いで食事をすることなどが原因となります。温熱刺激は熱い飲食物を取るために起こる場合です。

 急性腐食性胃炎
 塩酸、硫酸、硝酸などの強酸の誤飲、または自殺の目的で飲んだときにみられますが、強アルカリ剤でも起こります。そのほかいろいろな刺激性の化学物質の飲用が原因となります。このようなときには、胃の粘膜が腐食されて、壊死におちいります。

 急性感染性胃炎
 インフルエンザ、肺炎、そのほかの全身性感染症を起こすウイルスや細菌、およびその毒素によって胃の粘膜がおかされて起こります。

 急性蜂窩織炎性胃炎
 胃の粘膜だけでなく、その下層までおかされる化膿性の胃炎で、各種の細菌による化膿巣が、この原因となります。

 ★ 症状と経過


 急性単純性胃炎では、原因となるような飲食後、あるいは数時間たって症状があらわれます。一般に食欲がなくなり、みぞおちの圧迫感や膨満感が起こり、そこにしばしば痛みが起こります。

 また、吐きけ、嘔吐がよく起こり、吐物には食物の残りとか、粘液が含まれています。濃度の高いアルコール飲料の過飲によるものでは、嘔吐と吐血が起こることがあり、薬物によるものでも嘔吐が起こることがあります。

 発熱はふつうありませんが、食中毒のよる場合は、高熱が出て、急性腸炎による下痢が起こります。

 経過は一般に良好で、食事を制限して、静かに休んでいれば、数日で回復します。しかし、食虫毒の場合には、適切な処置をとらないと重症におちいることもあります。また急性出血性胃炎では、潰瘍に進むこともあるので注意が必要です。

 急性腐食性胃炎では、最初から強い症状を伴って起こり、みぞおちのはげしい痛み、吐き気、嘔吐がみられます。しかも全身状態が急激に悪化するので、救急処置が必要です。

 急性感染性胃炎では、全身性の感染症の症状が表面にあらわれており、一般に発熱、頭痛、全身のだるさが強く、胃の症状では、食欲不振、みぞおちの圧迫 感、吐きけなどが起こります。この胃の症状は、もとの病気がなおるとともに、しだいに回復します。

 急性蜂窩織炎性胃炎は、まれな胃炎で、高熱、はげしいみぞおちの痛み、吐きけ、嘔吐を伴い、全身状態が急に悪化するもので、救急処置が必要となります。

 ★ 急性胃炎とまちがいやすい病気

 急性胃炎とまちがいやすい病気には、いろいろな疾患があります。みぞおちのはげしい痛みを起こすときは、胆石症、膵臓炎が考えられます。また虫垂炎の初期には、みぞおちの痛みが起こるので、急性胃炎とまちがえることがあります。

 胆石症でも、はげしい痛みが起こりますが、仙痛発作と呼ばれるように、間欠的に痛むのが特徴で、みぞおちの右側の方にかたよることが多いものです。

 膵臓炎では、みぞおちの痛みが持続的で、しかも背部も痛むことが多く、時にはみぞおちより左側にかたよります。

 虫垂炎では、最初みぞおちが痛みますが、時間がたつにつれて痛みは右の下腹部に移動します。この場合には発熱があるのがふつうです。
 
 以上三つの病気では、いずれも吐きけ、嘔吐が起こります。それゆえに急性胃炎と思っても、症状が強くなってくるときは注意が必要です。半日くらい様子を見て、はげしい症状が取れないときには、医師の診断を受けるようにしてください。





4種類の生菌で
腸内バランスを整える医薬品
【ファスコン整腸錠プラス】

 今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>


ファスコン整腸錠プラスは、
腸内で働く4種の生菌で
お腹の調子を整える第3類医薬品です。

高タンパク質・高脂肪
低食物繊維中心の食生活や
不規則な生活習慣、
ストレスなどで
腸内細菌のバランスが崩れ、
腸のはたらきが弱くなり、
お腹のはり、ゴロゴロ、
下痢や便秘といった
不快症状があらわれます。

ファスコン整腸錠プラスには、
有益な腸内細菌である
乳酸菌(フェカリス菌)
(アシドフィルス菌)(ビフィズス菌)と、
有益な腸内細菌の増殖を促す
(納豆菌)の4種に加え、
消化酵素(ビオヂアスターゼ2000)を
配合し、お腹の調子を整え
日頃乱れがちな便通を改善します。

4種類の生菌が
腸全体をカバーするため
多くの方が実感されます。

 ヨーグルト風味
小粒の錠剤で、5歳からお年寄りまで
家族みんなのおなかの
健康に役立つ整腸薬です。


健康は腸内環境から!

最近では、
花粉症やインフルエンザ
などにも
乳酸菌などを含めた
おなかの環境が深く関わっていると
知れ渡ってきました。

下痢や便秘を繰り返すおなかに、
いつも薬で対処していると
人間が本来持つ治癒力や
回復力などが発揮できません。

腸内の細菌は、
ひとりひとり違うといわれています。
その人に合う菌を摂り込まないと
効果は期待できません。

だからこそ幅広く対処できる
4種の生菌が入った
医薬品がおすすめできる理由です。

家族みんなで「腸内快調」


 今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>


 
Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved