中耳炎,急性中耳炎

慢性中耳炎,中耳炎 症状

中耳炎
病気・症状 Navi Home > 耳の病気 > 中耳炎
  

 中耳炎は、文字通り中耳に起こる炎症です。中耳の炎症は、粘膜が炎症を起こすのがはじまりですが、ひどくなると、炎症がしだいに深く入り込んで骨までもおかし、もっとひどくなると頭蓋骨をおかして、脳膜炎を起こしたりすることも考えられます。

 この中耳炎は、急性中耳炎と慢性中耳炎とに分けられます。同じ中耳炎でもだいぶ様子が違います。また、乳様突起炎も中耳炎に合併する最も危険な病気です。

 ★ 急性中耳炎

 急性中耳炎の場合は、かぜが原因で起こることが多いものです。特にかぜのときに、はなを強くかんだりすると起こりやすくなります。かぜを引いてる間に、突然耳が聞こえなくなり耳の奥がさすように痛くなるのは、急性中耳炎の最も定型的なものです。

 かぜ気味のときに耳の奥がさすような痛みにおそわれます。同時に、多くの場合、耳がふさがったような感じがして、聞こえが悪くなり、ごうごうという耳なりがあらわれ、重い中耳炎では、熱が出てきます。幼児では、高い熱が出るのがほとんどで、耳通のため機嫌が悪くなります。

 以上のような初期の症状が1〜2日続いてそのままなおることもありますが、多くは、鼓膜が破れて耳だれが出てきます。耳だれははじめは水様で、多量に出るのがふつうです。経過がよい場合には、1週間もすると耳だれは次第に膿様になってきて、量も少なくなり、なおってくるものです。耳だれが出始めると、耳痛や熱などもとれて楽になります。

 しかし、経過が思わしくないが場合には、耳だれはいつまでも水様性で、熱も下がりませんし、聞こえもよくなりません。また、長引くと乳様突起炎を起こす危険がありますから、注意しなければなりません。

 ★ 慢性中耳炎

 慢性中耳炎の多くは、小学校へ入る前から起こっています。したがって、その原因は必ずしもよく分かっていませんが、乳幼児のころのかぜが原因と考えられます。

 たとえば、ブドウ球菌のような、死滅しにくい菌が幼児のころ鼻咽腔から耳管を通って耳に入り、中耳炎を起こし、そのまま慢性になったのではないかと考えられることが多いのです。

 いずれにしても、そのはじまりは幼児時代に起こることがきわめて多く、このような患者には鼻咽腔や耳管にも、必ず炎症が見られるということが特徴です。
 
耳鳴り、めまい、難聴
いつまでもクリアに
会話を楽しみたい


 慢性中耳炎でも、習慣性にときどきうみの出るごくふつうのものでは、かぜなどで、鼻咽腔や耳管の炎症がひどくなると再発してうみが出てきます。

 これとは別に、乳様突起の骨の中がおかされた真珠腫性中耳炎では、うみが骨から出てくるために、耳だれが止まることはありませんが、同じ真珠腫性中耳炎でもうみの多いものと、きわめて少ないものとがあります。この中耳炎の原因はまだよく分かっていません。

 慢性中耳炎の特徴は昔から、難聴、耳だれ、鼓膜穿孔にの三つがあげられています。長く耳だれが続くか、あるいは、かぜを引くたびに耳だれが出るというのが症状ですが、大部分の患者は、学校検診で発見されるか、または難聴を訴えて医師を訪れます。

 耳だれの状態から慢性中耳炎の性質のよしあしがわかります。かぜのたびに出る耳だれは、鼻汁と同じような粘膜膿性で、出たり止まったりするものもあれば、止まらないものもありますが、これがふつうの慢性中耳炎です。

 これに対して一般に量が少なくても、いつまでも止まらないで出つづけるものは、骨の方に病変があることが多く、性質のよくない場合が多いものです。

 ことに、悪臭のあるうみのような耳だれが多量に出て、止まらない場合は、最も性質が悪く、骨がかなり広くおかされている証拠ですから、早めに手術を受ける必要があります。

 この種の耳だれを出す耳の多くは、真珠腫性中耳炎といって、骨の中に真珠腫という白いかたまりができているものです。真珠腫性中耳炎の耳だれは膿性のことが多いのですが、ときに、白い豆腐のおからのようなものが、少し混じって出てくることもあります。これは、骨の中にある真珠腫の一部が取れて出てきたものです。

 このほか、真珠腫性中耳炎の場合には、中耳に耳たけができることがあります。この耳たけから少し出血して血うみが出てくることもあります。

 ★ 乳様突起炎

 耳の後ろを触ってみると、曲玉のような形の骨にふれます。これが乳様突起です。乳様突起の内部は、ちょうどカルメ焼きのように多数のくうどうに分かれていて、それがみんな中耳に続いています。

 したがって、中耳炎が起こると、ここにも炎症が波及する危険があります。こうして起こるのが乳様突起炎です。この病気は必ず中耳炎の合併症として起こるもので、乳様突起炎が中耳炎なしに起こることはありません。

 乳様突起炎が合併すると中耳炎も悪化して長引き、耳だれが増えたり、聞こえが悪くなったりします。そのほか不快感、頭痛、めまい、熱、耳の苦しい感じなどを伴うこともあります。

 そのうちに、耳の後ろを押すと痛むようになり、もっとひどくなると、はれてくるようになります。赤ちゃんの場合には、耳の上がはれてくることもあります。このようになったら、すぐに乳様突起炎の手術を受けなければなりません。

 ● 合併症
 乳様突起の中に炎症が起きてうみがたまると出口がないので、どこかに破れて出る以外に方法がありません。しかもこの付近には脳をはじめいろいろと大切な器官があるために、どこかに破れた場合は非常に危険になります。

 たとえば、脳のほうに破れた場合は、脳膜炎を起こします。また、乳様突起の内部にはS字状血管洞という太い静脈が走っています。

 この静脈は、脳の中の血管を集めて心臓に送る静脈の一部にあたるもので、乳様突起の中の化膿巣がこの静脈をかこみ、静脈の内部にまで病変が及ぶとS字状洞血栓症を起こし、さらに血管を伝わって心臓へ行き、全身的に広がって非常に重大な状態を引き起こします。
 
耳鳴り、めまい、難聴
いつまでもクリアに
会話を楽しみたい


 たとえば、高い熱が出てふるえがきたり、肺血症のようになったり、あるいは、肺やそのほかの場所に病変を起こしたりします。このほか、顔面神経まひや内耳炎(ひどいめまいが起こる)を起こしたりすることもあります。
 

CMで話題のシャワーヘッド!【豪華10大特典付きミラブル】



美容液ファンデーション売上*15*年連続No.1「神ファンデ」



 


Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved