脳腫瘍,脳腫瘍 症状

脳腫瘍 原因,脳腫瘍 種類

脳腫瘍
病気・症状 Navi Home > がん > 脳腫瘍


 脳腫瘍は、頭蓋内に腫瘍のできる病気です。脳は、神経細胞と膠細胞の二種類の細胞で構成されていますが、脳腫瘍はこの膠細胞から生ずるものが多く、脳腫瘍全体の40〜45lを占め、神経細胞から生ずるものはきわめてまれです。

 残りの50l以上は、脳膜、下垂体、あるいは脳から出る神経などから生ずるもの、また、先天性のもの、血管性のものなどです。全体としてその種類は多く、両性の者から悪性のものまで20種類くらいあります。
 
 発病年齢は、腫瘍の種類によって特色があり、小児だけに見られるもの、反対に成人だけにみられるものなどがありますが、全体としては、40〜50歳に最高のピークがあり、高齢になるにしたがって減少し、80歳代ではほとんど見られません。

 年少者では10歳以下と15歳ぐらいにピークがあります。したがって脳腫瘍はいかなる年齢層にもみられることになります。性別では、男性に多いという特殊なものもありますが、全体としては、男女の区別はあまりありません。

 ● 症状

 脳腫瘍の症状は、発生部位による特長がありますが、総じて進行性です。
 
 ● 頭痛
 最も多い症状で、脳腫瘍全体の約90lに見られます。この頭痛には軽いものから一時的なもの、持続的なもの、あるいは発作性のものなどいろいろありますが、ことに頑固な頭痛に、吐きけ、嘔吐を伴うものにはじゅうぶん注意が必要です。

 頭痛を訴える場所は必ずしも腫瘍のある場所と一致せず、頭全体に訴えるもの、目の奥のほうに訴えるもの、前頭部、あるいは後頭から頸部や側頭部に訴えるものなどいろいろです。

 ● 吐きけと嘔吐
 頭痛と関連して起こることが多く、だいたい頭痛が起こると同時に吐きけが起こり、それがはげしくなると嘔吐を起こすという場合が多いものです。しかし小児では吐きけがなくいきなり嘔吐する場合があります。

 小児の場合は、訴えがはっきりしないので、嘔吐があるとすぐにいの病気を考えがちですが、脳腫瘍の可能性のあることも常に考えておかなければなりませ ん。特に朝起きて、いきなりはげしい嘔吐をし、あとはけろりとして食事を取るなどは、脳腫瘍の可能性が非常に高いものです。

 ● 目の症状
 見がかすむ、ものが二重に見える、視野の両側が欠けて真ん中しか見えない、視野の右側、あるいは左側が欠けて片側しか見えないなどに症状があらわれま す。また眼球の動きが悪くなるとか、眼球が早いリズムで自発的に左右、時には上下に動くこともあります。
スポンサードリンク

 特に目の症状で注意しなければならないのは、視力が著しく低下したあとでは、せっかくの脳の手術が成功しても、必ずしも視力が回復せず、またまれにそれを契機にして失明することもあるので、早期に専門医に診断することが大切です。

 ● 片まひ
 脳卒中などによらない、徐々に進行して来る片まひも注意を要する症状です。この症状は、腕あるいは脚から始まり、進行してくるとともに顔面にまでおよぶことが多いものです。まひは躯幹に近い方が軽く、末端にいくほど重くなるのがふつうです。

 たとえば、腕の場合では、肩やひじは比較的動かせるが、手関節や指がうまく動かせなくなったり、股関節や膝関節の運動は比較的よくできるのに、足関節やかかとの動きが悪くなったりします。

 ● 運動障害
 歩行が不安定でよろけ、手の運動調節がうまくできなくなり、字がよく書けなかったり、物をつかむとき動揺したり、ふるえたりします。また、会話がスムーズにいかなくなり、腕や足の筋肉が柔らかくなるなどの症状は、小脳の腫瘍の場合に起こります。
 

 ● 聴力障害とめまい
 耳の病気に寄らない片耳の難聴、耳鳴り、片側顔面まひ、感覚のにぶり、めまいなどは聴神経にできた腫瘍の特徴です。
 
 ● 内分泌障害
 女性の月経不順や肥満、恥毛や腋下毛の抜け毛、男性の性欲減退、小児で身長が伸びない、口渇、多飲、多尿などの分泌障害は、下垂体自体あるいはその近くの腫瘍によって起こる症状です。
 
 また女性が男性化して異常に大きくなるのも、また男性女性ともはなはだしく大きくなり、末端肥大を起こすのも下垂体の腫瘍が考えられます。

 ● てんかん発作
 この症状も脳腫瘍の重要な症状の一つであり、からだのある決まった部位から始まるとか、いずれか片方の半身に起こるとか、あるいはいきなり全身にけいれんの起こる場合があります。

 また発作を繰り返すとしだいにまひが残るようになるとか、発作のあとしばらくの間まひが残るというようなことが起こりがちになります。ことに30歳以後にはじめて起こったてんかん発作は、脳腫瘍の疑いがありますから注意しなければなりません。

 また精神症状を主とした発作、すなわち突然、意識状態や態度が変わり、周囲をきょろきょろ見渡したり、無意識に歩きまわる、物にさわる、服のボタンをはずしてみたり、口をもぐもぐさせ、ぴちゃぴちゃ舌を鳴らすなどの動作をします。

 また視覚や聴覚の錯覚や、感情の異常などが起こり、嗅覚の錯覚も起こることがあります。このような発作は、側頭葉腫瘍と関係があります。
スポンサードリンク

 ● その他
 精神や知能の障害、あるいは性格の変化なども腫瘍の発生する場所によって起こります。また、はなはだしい物忘れとか、言うことがわかっていても口から出 ず、とんでもないことを言ってしまうとか、一度言うと同じことを何度も何度も繰り返すとか、読み書きができなくなるとか、全くものぐさになり、しゃべりも しないというようなことも起こります。
 

スポンサードリンク



Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved