歯肉がん,歯肉癌

歯肉癌 症状,歯肉癌 治療

歯肉がん
病気・症状 Navi Home > がん > 歯肉がん

 歯肉のがんは舌がんとならんで発生頻度が高く40歳以上の高年者に多く見られます。男女別では男性の方がやや多いようです。臼歯部に発生するものが大部分で、前歯にできたものはあまり多くありません。

 ● 症状

 歯肉にこぶをつくるもの、浅い潰瘍をつくるもの、白板症のようなもの、乳頭腫のようなものなど、いろいろなタイプがありますが、こぶ状のタイプがいちばん多いようです。

 がんが進行すると、どのタイプのものでも、でこぼこしたこぶ状のしこりとなり、表面にきたない潰瘍ができ、特有の悪臭を放つようになります。潰瘍面にものがふれると痛み、出血します。また顎骨の中に広がって骨をこわすので、歯がゆるんだり抜け落ちることがあります。

 ● 治療

 歯肉がんは、手術、放射線治療、化学療法などを組み合わせて治療されますが、顎骨の中に広がっているので、顎骨の切除を含む手術と頸部かくせい術が行なわれる症例が多いようです。また歯肉のがんの中には、化学療法のかなり有効なタイプのものもあります。
スポンサードリンク


スポンサードリンク

 
 

Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved