副鼻腔がん,副鼻腔癌

副鼻腔がん 症状,副鼻腔癌 診断

副鼻腔がん
病気・症状 Navi Home > がん > 副鼻腔がん

 副鼻腔とは、鼻腔に通じる左右四対の空洞をひっくるめていうもので、これらはいずれもうすい粘膜でおおわれています。この粘膜から発生するがんが副鼻腔がんです。その大多数は上顎洞という最も大きい副鼻腔から発生しますので、上顎洞がんと呼ばれることもあります。

 副鼻腔がんは、耳鼻咽頭科関係のがんとしては、咽頭がんについで多くみられるものです。男性の方が女性よりも多くかかりますが、その差はそれほど大きくはありません。年齢的には40歳代から60歳代に多く見られます。

 ● 症状

 副鼻腔がんの症状は、がんの進行状態、発生位置によって異なります。
 
 がんが上顎洞の中だけにあって、まだ周囲の骨を破壊していない初期においては、はっきりした症状はありません。これより進んで、まわりの骨を破壊するようになると、がんらしい症状が出てきます。

たとえば、下の方に発生して口腔の方へ広がると歯肉がはれてきたり、歯がぐらぐらしてきたり、痛んだりします。歯科医に抜歯してもらった傷あとがいつまでもなおらない、などということから発見されることもあります。
 
 上顎洞の鼻腔に近いところから発生すると、鼻腔の中にがんができてきて、鼻づまりが生じたり、鼻汁に血がまじったりします。上方に進めば目の症状があらわれ、片方の目から涙があふれたり、眼球が前方に突き出たり、側方へ押されたりします。最もよく見られる症状に、ほほがはれてくることがあります。

 この場合は上顎洞の前の方にがんが広がってきているわけです。上顎洞の後ろの方から発生すると、口が開きにくくなったり、ほほや目の奥が痛んだり、逆に感覚がにぶくなったりします。

 以上がおもな症状ですが、いずれもがんが骨を破壊しないとあらわれないものなので、常に早期発見ができるというわけにはいきません。
スポンサードリンク

 ● 診断

 副鼻腔がんが疑われ場合には、早く専門医を訪れることが大切です。

 医師は、鼻腔や口腔を観察するほか、頬部のはれの範囲や骨破壊の状況を指で探って調べます。がんらしい組織が見つかれば、その小片を切除して顕微鏡検査を行ない診断を確定します。X線撮影は、病気の広がりの範囲を知るために欠かすことのできない検査法です。

 もしがんが外に出ていなくて、しかも症状があったり、X線検査でがんの疑いがあれば、試験的に上顎洞に穴を開けてみることになります。
 
 
スポンサードリンク



Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved