咽頭がん,咽頭癌

喉頭がん 症状,咽頭がん 診断

咽頭がん
病気・症状 Navi Home > がん > 咽頭がん

 鼻および口の奥から喉頭の後方が咽頭で、ここにできるがんを咽頭がんといいます。

 発生する位置により、上咽頭がん(口蓋の裏側の口を開けても見えない部分に発生する)、中咽頭がん(口をあければ見える部分に発生し、扁桃がんなどがこれに属します)、下咽頭がん(咽頭の後方、食道の入り口の上方に発生する)などに分けられます。 これらはほぼ同じくらいの割合で発生し、50〜60歳代の男性に多く見られます(女性の約2倍)。

 ● 症状

 がんのできる場所で症状や経過が異なります。

 ● 上咽頭がん
 上咽頭がんは発見が遅れがちです。というのも、上咽頭自体の症状はあまりなく、他の部位の症状、すなわち、片側の耳づまり、難聴、耳なり、鼻閉塞、鼻出血、頭痛、頸部のリンパ節腫脹などのほうが目立つからです。

 40歳以上の人で、このような症状があって、治療を試みてもなかなかなおらない場合は、一応上咽頭がんを疑って、専門医の精密検査を受けるのが賢明です。

 上咽頭がんは、深部の頭蓋底の方向に進む傾向にあり、やがては脳神経がおかされ、片方の目が側方に動かなくなったり、二重に見えたり、迷走神経や顔面神経のまひが起こります。

 ● 中咽頭がん
 初期には、咽頭のつまった感じ、異物感、異常感、はれた感じなどがおもで、痛みはありません。しかし進行すると、食物を飲み込むときに痛みがあらわれたり、飲み込みにくくなります。

 またがんが早期に転移して頸部のリンパ節が腫脹します。口臭、出血、発語障害、開口困難が起こることもあります。

 ● 下咽頭がん
 初期には、のどがつかえる感じ、異物感があるくらいですが、しだいに痛みやえん下困難があらわれます。口臭、出血が起こったり、がんが喉頭に進入して、しわがれ声やせき、喀たん、呼吸困難を起こします。

 食堂に進むと、えん下困難が著しくなり、ついには水も通らなくなります。下咽頭がんでも、早期に頸部リンパ節転移が見られます。
 
スポンサードリンク
 ● 診断

 専門医により、がんであると診断されたら、その医師と診断の結果を全面的に信頼して、早期に適切な治療を受けることがもっとも大切です。

 咽頭がんの診断は、前に述べたような症状の有無、経過、年齢、性別、遺伝関係などを参考にしつつ、いろいろな検査を行なって決めます。

 検査法には、後鼻鏡、喉頭鏡を用い、直接肉眼で見るもののほか、X線検査、直達検査、組織学的検査(病変部を試験的に切除して調べる)などの精密検査があります。
 

スポンサードリンク



Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved