肺がん,肺癌

肺がん 症状,肺がん 原因

肺がん
病気・症状 Navi Home > がん > 肺がん


 肺がんは、肺内に樹枝状に広がる気管支の壁の細胞からできるかたまりです。

 気管支壁の細胞が、がん細胞になると、急に分裂が増して、がんのかたまりが大きくなります。それが2〜3センチの大きさになるまで、2〜7年かかると考えられていますが、そのころのがん細胞はリンパ管を流れ、または肺の血管に入って広がりはじめます。

 がん細胞がリンパ節にくると、そこでまたふえ、さらにその先のリンパ節へと広がります。この状態をリンパ節転移と呼んでいます。一方、血液中に入ったがん細胞は全身を流れ、その多くは血液によって殺されますが、あるものは脳、骨、肝臓、腎臓など、肺からはなれた臓器で増殖し、そこに植民地をつくります。これを血行性転移といい、おかされる範囲が広いほど全身の機能が衰え、ついには不幸な結果を招くわけです。

 この肺がんが大きくなる程度や、転移の広がる速度は、がんの性質によってさまざまです。
 ひと口に肺がんといってもかなり性格の違う三つの型があって、それぞれ顕微鏡で見分けることができます。

@ 扁平上皮がん
 肺がんのうち38lを占め、タバコ喫煙と密接な因果関係があります。

A 腺がん
 女性に多いもので、36lを占めています。喫煙との関係は少ないと考えられています。

B 未分化細胞がん
 肺がんの13.4lを占め、喫煙との関係は扁平上皮がんと同じく密接です。

 ● 原因

 がん発生の原因は、まだじゅうぶんに分かっていませんが、原因となる因子は一つではなく、二つあるいは三つの因子が重なって出来るのだろうと考えられています。肺がんは、この理屈を説明するのに都合のよいがんです。

 肺は、うぶ声をあげてから息を引き取るまで呼吸を続けますから、長い年月の間に、外界からいろいろのものを吸い込みます。空気の汚れのひどい場所に住む人、職業的にチリの多い場所で働く人、たばこ喫煙を続ける人などは、気管支が長年の刺激を受けて細胞の形が変わります。

 これだけでがんにはなりませんが、そのときの気管支の細胞の形はがん細胞に一歩近づいた形になります(上皮化性)。その中には、扁平上皮がんの混じるものも発見されていますので、大気汚染や職業汚染、あるいはたばこ喫煙が、肺がんの発生に大きな因子になるものと考えられています。

 したがって、これらの三つの因子が重なる場合は、肺がん発生へのチャンスが多くなると考えてもよいわけです。
 
スポンサードリンク
 ● どんな人に多いか

 年齢的には、40歳以上の人、特に50〜60歳代の人に圧倒的に多く見られます。しかし、女性では40歳以下の人にも少なくありません。男と女の比は3対1ですから、男性に多いがんの一つといえましょう。
 
 たばこ喫煙と肺がんとの間には明らかな関係がみられます。健康者25万人のうちで1日30本以上の喫煙者は男性で4.3l、女性で0.1lにすぎませんが、肺がん患者1787人を調べた結果では、その率がそれぞれ22.6l、2.9lに急増します。

 また大気汚染のある都会の人々と田舎に住む人々を比べますと、都会地の人に肺がん患者の多いことが分かっていますし、都会にいて喫煙量の多い人からは、さらに多くの肺がん患者が出ています。

 したがって、肺がんになりやすい人は、40歳以上の人、特に男性で空気汚染のある場所に住み、たばこを長年吸った人ということになるでしょう。

 ● 症状

 肺がんの症状のうちで、日常多くみられるものを順番にあげると、せき、血たん、胸痛、体重減少、発熱、呼吸困難などです。

 せき
 肺がんが小さくても気管支を刺激するために、初めから必ずありますが、たんが出ないので、かぜぐらいに考えられて見逃されることが多い症状です。

 血たん
 がんは血管の多い組織であるうえにもろいので、せきをしたときにくずれて出血しやすいため、血たんを出す人がいます。

 胸痛
 がんは周囲の臓器、たとえば肋膜や胸壁にひろがり神経を刺激することがあるので、肋間神経痛で発見されることが少なくありません。

 体重減少
 食事が取れてほかになんの症状もないのに痩せが目立ってきます。

 発熱
 微熱のこともあり、38度以上の高熱が出ることもあります。

 呼吸困難
 肺にがんがあると細菌が活動しやすい状態になるため、二次的に肺炎を起こし、呼吸困難を生じることが多いものですが、実際には肺がんそのものの症状ではありません。またがんで肺が広くおかされたときには息苦しさが目だちます。
 
スポンサードリンク
 その他の症状
 前述のほかに肺がんの症状は、できた場所によって特徴のある症状があらわれます。がんが肺尖にできたときには、腕の神経痛が起こったり、目が片方だけくぼんだりします。

 またあるときには、急に声がかすれて発声しにくくなる人もいます。これだけでは肺の症状と気づかず、五十肩と思われたり、目やのどの病気と考えられがちですが、その底には肺がんのあることを知らねばなりません。

 このほか、肺がんの進行した症状として強い疲労感、首の付け根にぐりぐりができる、肋膜に液がたまるなどの症状があらわれます。

 症状のあらわれ方
 以上のように肺がんに見られる多くの症状は、はじめはどれか一つによって始まります。たとえば、今まで元気であったのに、急にたんが出て血が混じったとか、かぜを引いた覚えもないのにせきが継続して疲れやすくなったとかなどです。このようなとき、すぐにX線検査をすれば早期発見ができるわけです。

 無症状のことも多い
 しかし肺がんは長い間、無症状でいるものが少なくありません。その理由としては、広い肺の中で細い気管支から発生した肺がんは、肺を刺激することなく静かに大きくなることができるからです。こういうものは定期検診を受けないと発見することができません。
 

スポンサードリンク


 

Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved