肝臓がん,肝臓癌

肝臓がん 症状,肝臓がん 原因

肝臓がん
病気・症状 Navi Home > がん > 肝臓がん


 肝臓に発生するがんをいいます。肝臓がんは肝臓の腫瘍のうちで最も多く、原発性肝臓がんと転移性肝臓がんに大きく分けられます。

 原発性というのは、はじめから肝臓にできるがんであり、転移性というのは、胃がんや直腸がんから血管やリンパを経て、がんが肝臓に転移したものです。転移氏のがんは原発性の肝臓がんの20倍以上もみられますが、ふつうがんというときは、原発性肝臓がんのことをいいます。
 
 ● 発生率と原因

 肝臓がんの発生率は人種や地域によって異なり、アジア、アフリカの国々ではヨーロッパの国々やアメリカよりも多く見られます。この病気も生活環境、とくに食生活に原因すると考えられています。
 
 一般に男性に多く、女性の約4倍で、年齢的には50〜70歳代に多く見られます。

 肝臓がんは組織学的に肝細胞がんと胆管細胞がんに分けられます。肝細胞がんは肝硬変を起こしている肝臓に発生することが多く、そのために肝硬変が肝臓がんの発生の素因と考える人もいます。

 ● 症状

 肝臓がんの初期には、からだがだるい、疲れやすい、食欲が減退する、体重が減少するなどのばくぜんとした症状があらわれ、他の消化器の病気と全く区別のできないことが多く、この時期に発見されることはきわめてまれです。

 進行するにつれて、肝臓が大きくなり、右上腹部にかたいしこりがふれるようになって、鈍痛があらわれます。腹水がたまりはじめると、全身の衰弱が急に強くなり、貧血や黄だんが見られるようになります。
スポンサードリンク

 末期に起こる最も危険な症状は、消化管からの大出血と、肝臓の働きが極端に悪くなり、からだの中の有害物を解毒することができなくなって起こる肝性昏睡で、しばしば死亡の直接の原因になります。
 

スポンサードリンク


Copyright (C)  病気・症状Navi All Rights Reserved